Amazon EventBridge連携

Amazon EventBridge連携

image

KARTEを通して、AWSでユーザーを知る・合わせる

KARTEとAWSを組み合わせることで、ユーザーの行動を軸にした様々なUser State Driven Systemをサーバーレスに構築できます。

KARTEとAWSで作るUser State Driven Systemとは?

image

User State Driven Systemは、人の状態(User State)の変化をトリガーに駆動するシステムです。User Stateの変化をリアルタイムに捉えることで、人に対して適切にアクションを行えます。

AWS Summit Online 2021登壇レポート

CEO 倉橋とHead of Engineering 竹村によるAWS Summit Online 2021の登壇レポートを公開しています。

竹村のセッションでは、「AWSとKARTEで作るUser State Driven System」というタイトルで、AWSにKARTEを組み合わせるメリットや活用シーンを発表しています。

AWS Summit Online 2021 にて「AWS と KARTE で作る User State Driven System」について話してきました

Naohiko Takemura ごきげんよう、エンジニアの @tik-son です。2021/05/11 - 2021/05/12 に行われた AWS Summit Online 2021 で登壇してきましたので、このブログでもその内容を簡単にまとめておきます。 まず、今回のAWS Summit Online 2021 では CEOの倉橋より「AWS活用による事業と組織のAgility強化」 というテーマでお話をさせていただきました。 「 数字への仕事から人への仕事に戻す 」がPLAID の一つの野望でありまして、その実現においては、AWSやKARTEを上手く組み合わせることは有効であるということをお伝えしました。 そして、AWSとKARTEを組み合わせた一つの例として @tik-son より「AWS と KARTE で作る User State Driven System」についてお話しました。 我々が提供するKARTEはAWSとGCPのマルチクラウドでインフラが構成されているのですが、アプリケーションレイヤーにおいてもAmazon Eventbridge やAmazon S3 などを介してお客様の AWS 環境と密な連携が可能です。 またKARTEの特徴の一つとして、人の状態(User State)の変化をトリガーに駆動するUser State Driven Systemといった概念があるのですが、この連携を通じて、サイト上のポップアップなどだけではなく、AWSのサービスを活用した人の状態の変化をリアルタイムに捉えた様々なシステムを作ることができます。 本セッションでは、AWSとKARTEを組み合わせることでどのようにUser State Driven Systemを作ることが出来るのが具体例を含めてお話をしています。 発表については アーカイブ配信にてご覧いただけます。また、 SpeakerDeck に資料もアップロードしているので時間が無い方はこちらを流し読みしていただければと思います。 また、このAWS Summit Onlineにあわせて、 がGAになっているので是非、そちらもご覧いただければと思います。 この記事を読んでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、PLAIDではKARTE単体だけでなく、AWSなど外部のサービスと組み合わせることで新たな価値を生み出すことが出来ないかという検証も始めています。 ですので 、KARTE自体の開発に興味がある!というエンジニアはもちろんのこと、KARTEとAWSなどの外部サービスを組み合わせて新たなシステム/価値を創出したい!というBiz/Devのメンバーも絶賛募集しています!詳しくは 弊社採用ページまたは Wantedly をご覧ください。

AWS Summit Online 2021 にて「AWS と KARTE で作る User State Driven System」について話してきました

Amazon EventBridge連携でできること

image

連携データと条件を簡単に設定

KARTEの様々なデータを、最適なセグメントやタイミングでEventBridgeに連携できます。

Amazon EventBridgeとの連携方法

数ステップで簡単に連携可能。 連携機能の利用方法については、サポートサイトをご参照ください。 Amazon EventBridgeの詳細はこちらをご参照ください。

KARTE管理画面でAWSとの連携情報を設定
KARTE管理画面でAWSとの連携情報を設定

AWS マネジメントコンソールでAmazon EventBridgeの
イベント検出のパターンを定義
AWS マネジメントコンソールでAmazon EventBridgeの イベント検出のパターンを定義
配信先のターゲットを設定
配信先のターゲットを設定

AWS Identity and Access Management (IAM)でセキュアにアクセスを管理
AWS Identity and Access Management (IAM)でセキュアにアクセスを管理

AWSサービスと組み合わせたユースケース

必要なユーザーにだけ電話問い合わせを表示 (Amazon Connect, AWS Lambda, Amazon Simple Notification Service)

スマートフォンの画面上にて、ユーザーの相談や問い合わせに対して適切なチャネルへ誘導し、適切な解決を図ることで、CX(顧客体験)の向上を実現する。

image

導入事例 : 株式会社リクルート様 次世代事業開発室

これにより、まずはお客様の待ち時間が削減されました。疑問の解消の精度も上がるので、お客様にとっての煩わしさを抑制することができます。knowbeのサービスの性質上、ITリテラシーの高いお客様ばかりではなく、電話対応へのニーズは強くあります。そこに丁寧に向き合えるようになったと考えています。

チャットメッセージのリアルタイム感情分析 (Amazon Comprehend, AWS Lambda, Amazon SNS)

Amazon Comprehend によりチャットメッセージから感情分析とキーフレーズ抽出を行い、分析結果を元にしたメッセージを送信

image

自分達のユースケースを作る

この他にも、AWSの様々なサービスと組み合わせてソリューションを作れます。KARTEとAWSで新しい顧客体験を作りましょう。

image

一人ひとりに合わせた体験づくりを始めましょう

お気軽にご質問、ご相談ください。内容確認後、担当からご連絡いたします。

お気軽にご質問・ご相談ください

資料ダウンロード

お問い合わせ

オンライン商談